プロテインの副作用ってあるの

プロテインの副作用

プロテイン副作用はあるのでしょうか?

 

 

結論から言えば、プロテイン自体に副作用はありません。

 

 

プロテインは大豆や牛乳から
タンパク質を抽出してつくられた栄養補助食品ですので、
薬ではないため副作用はありません。

 

 

ただし、プロテインも食品ですから、
摂取量や体質、アレルギーによって、体に影響があるケースがあります。

 

 

プロテインの使用における体への影響は以下のようなものがあります。

 

 

◆下痢や軟便、おなら

 

 下痢には「乳糖不耐性下痢」と「浸透圧性下痢」があります。

 

 乳糖不耐性下痢とは、小腸に乳糖分解酵素がなかったり、
 不足した状態になると、乳糖が吸収されません。

 

 吸収されなかった乳糖は、
 そのまま大腸に送られて細菌の作用で発酵します。

 

 そうすると、発酵による有機酸やガス、
 水分をたくさん含むようになり下痢便となるのです。

 

 乳糖不耐性下痢の場合は、
 乳糖の含まれていないプロテインを選ぶ必要があります。

 

 浸透圧性下痢とは、吸収されていない物質が、
 腸の中に高濃度に存在すると、体液が腸内に侵入し、
 腸内の水分量を増やし調節します。

 

 プロテインのように、通常の食品と比べ
 消化吸収が非常に早いもの大量に摂取すると、
 腸内の成分濃度が急速に高まってしまい、浸透圧性下痢の原因となってしまいます。

 

 浸透圧性下痢の場合は、急速な摂取が原因の場合が多いので、
少量に分けての摂取がいいでしょう。

 

 

◆肝臓・腎臓の機能低下

 

 タンパク質の過剰摂取において、
 体内で分解・吸収される際に窒素やアンモニアを発生させます。

 

 そうすると、アンモニアを分解して排出するために、
 肝臓や腎臓に負担がかかるといわれています。

 

 そうすると、内蔵の機能低下により、
 筋肉の合成低下や、疲れ、免疫力の低下がみられます。

 

 

◆アレルギー

 

 プロテインに対するアレルギーは、原材料となっている食品に原因があります。

 

 例えばホエイプロテインなら牛乳、ソイプロテインなら大豆です。

 

 食品アレルギーの一般的な症状としては以下のようなものがあります。

 

 ・口や喉、耳などの痒みや痺れ
 ・吐き気、胃や腸の痛み
 ・お腹の緩み、下痢、お腹の張り
 ・蕁麻疹