プロテインってこんなだよ

プロテインとは

プロテイン(protein)はタンパク質の英語名で、
プロテインの語源はギリシャ語の「プロティオス」で「一番大切なもの」という意味です。

 

 

タンパク質は、炭水化物・脂質とともに3大栄養素と呼ばれる重要な栄養素です。

 

 

タンパク質は筋肉や皮膚や血管、
髪の毛などの材料なので不足しないようにしなければなりません。

 

 

一般的にプロテインといえば、筋肉ムキムキの人が飲むものだったり、
筋肉増強剤(ステロイド)と勘違いする人もいますね。

 

 

プロテインはタンパク質を主成分とした食品ですので、
飲むだけで筋肉ムキムキになりませんし、もちろん、ステロイドでもありません。

 

 

プロテインは様々なのものを原料にして作られており、
以下のような種類や特徴があります。

 

●ホエイプロテイン
 牛乳を原料とし、消化・吸収が速い。

 

●カゼインプロテイン
 牛乳を原料とし、消化・吸収が緩やか。

 

●ミルクプロテイン
 牛乳を原料とし、ホエイとカゼインの両方を含む。

 

●ソイ(大豆)プロテイン
 大豆を原料とし、消化・吸収が緩やかで減量向き。

 

●エッグプロテイン
 卵白を減量とし、消化吸収が早く、 アレルギーや牛乳がダメな人には最適。

 

●ビーフプロテイン
 牛肉を原料とし、高いアミノ酸レベルを実現。

 

 

タンパク質は肉・魚・卵・大豆製品など普段の食事から摂ることができますが、
食材によっては同時に多くの脂質も摂れてしまいます。

 

 

そのため、余計な栄養も摂取してしまい、
カロリーオーバーになってしまう可能性があります。

 

 

余計な栄養を取らずに
タンパク質だけを摂取したい方はプロテインがぴったりです。

 

 

プロテインは、低脂肪で、
良質なタンパク質を手軽に摂取できる便利なものです。

 

 

通常の生活をしている人なら、
1日に体重1kgあたり1gのタンパク質で十分ですが、
スポーツ選手や筋肉を増量させたい人は
体重1kgあたりおよそ2〜3gのタンパク質が必要です。

 

 

そのため、タンパク質の摂取量が少ない人や、
スポーツ選手などは、プロテインを活用しましょう。