ソイプロテインの選び方

ソイプロテインの選び方

ソイプロテインは、目的によって選び方が異なります。

 

 

ソイプロテインは大豆が原料となっているためイソフラボンが豊富に含まれています。

 

 

イソフラボンは前立腺肥大や前立腺がんの予防、
痛風の改善、心臓病の予防やコレステロールの改善効果があります。

 

 

その他、ソイプロテインには
基礎代謝を高めてくれる効果も期待できるため、
減量時のタンパク質の摂取にオススメです。

 

 

そのため、生活習慣の改善のために
ダイエットやトレーニングをしている方には最適です。

 

 

そこで、ソイプロテインを選ぶためのポイントがあります。

 

 

@国産メーカーか海外メーカーか
Aタンパク質の含有量
B吸収率
C味

 

 

@国産メーカーか海外メーカーか

 

最近の国産のソイプロテインは
安全性・信頼性などは高いのはもちろんですが、、
海外メーカーに負けないくらいの製品もあります。

 

実際、1kgあたり1000円ほどの
高品質で格安の国産メーカーのプロテインも出るようになりました。

 

ただ、ホエイプロテインに比べ
国産メーカー、海外メーカともに圧倒的に製品数が少ないのが現状です。

 

 

Aタンパク質の含有量

 

以前までの、ソイプロテインの選び方は
安価なSPCが主流でしたが、今では、タンパク質含有量が多いSPIが人気です。

 

たんぱく質の含有量は最低でも80%以上のプロテインを選びましょう。

 

 

B吸収率

 

吸収率の良いプロテインほど
血中のアミノ酸濃度が上昇しやすくなりますが、
長時間持続できないため、ダイエットよりもバルクアップ向きです。

 

吸収に時間のかかるプロテインは
緩やかに吸収されて、血中アミノ酸濃度も徐々に上昇し、
長時間持続しやすいため、腹持ちがよくダイエット向きです。

 

ホエイプロテインであれば、SPC→SPI→大豆ペプチドの順に吸収率がアップします。

 

大豆ペプチドは、最近になって出回り始めたサプリメントで、メリットはSPIと同じです。

 

ただ、ペプチドの状態になっているので、
非常に消化吸収が早く、起床時やトレーニング直後の摂取に向いています。

 

 

C味

 

最近では、プロテインもたくさんの種類の味があり、
昔よりもだいぶ美味しくなってきました。

 

ソイプロテインに関しては、ノンフレーバーの製品も多く、
慣れれば意外と飲みやすいです。

 

慣れないうちは、濃い豆乳を飲んでいるような感じなので、
苦手な方は、フレーバー配合のものを選びましょう。

 

味については好みの問題ですので、
いろんな味のプロテインを試してみましょう。